Study Spanish!

スペイン語が上手になりたい人のためのオンラインメディア

「国内時事の一般知識」をスペイン語で何と言う?

f:id:study-spanish:20180410051604p:plain

おはようございます!

スペイン語と日本語の現役プロ通訳、タクミです。

 

今日のテーマは、「時事」、です。

スペイン語で時事を何と表現するかについて、実用例を紹介します。

 

早速、私が見つけた実用例から言います。

 

“conocimientos generales actuales del acontecer nacional” 

 

「通訳泣かせ」の日本語

日本語で「時事」は、けっこうな頻度で見聞きする単語です。

例えば、就活の時期とか。笑

 

しかし、いざスペイン語で時事と言うとなると、「アレ?何て言ったらいいかな?」と一瞬悩みませんか?

「時事」にかぎらず、そういう表現や単語はあると思います。

 

私は、スペイン語と日本語の通訳が人より少し上手にできることを理由にお金をもらっています。

プロとして生きているわけですが、こういう「通訳泣かせ」の日本語には、いまだに頭を痛めます。

 

ただ、心地よい痛みです。

マッサージのときに言う、「痛気持ちいい」という感覚です。

心地よい「生みの苦しみ」です。

 

「通訳泣かせ」の表現に100%正しい答えはない

こういう「通訳泣かせ」の日本語からスペイン語に通訳する場合、

 

「この訳が100%正しい」

 

という絶対的な答えはありません。

意味がバッチリはまる訳が常に存在するわけでもありません。

 

だから、自分なりの「最適解」をさがす

ただ、自分の中で、

 

・「この日本語が言わんとするところに最も近いのはこの表現だろう」

・「なぜなら、・・・だからだ。」

 

という論理的な裏付けのある「最適解」、つまり、

 

「他者に対して説得力がある説明ができる最適のスペイン語訳」

 

をどこからか見つけてきて現場で使うことになります。

 

終わりなき「最適解」さがしの旅

もちろん、一度「最適解」を見つけたら終わりではありません。

 

・「この表現が現時点でのベスト」と言える訳を現場でテストして、

・クライアントの反応をみながら、

・その最適解が「理解できて」、かつ「しっくりくる」表現なのか

 

を確認します。

 

そして、また別の表現例に出逢う事ができれば、新旧を比べて最適な選択肢を選ぶことになります。

 

「最適解」さがしは、非常に時間と根気がいる作業です。

好きじゃないとできないと思います。

 

私もあまりに忙しいと、「伝わればいい」という気持ちになることはあります。

それでも翌日には、「気になったものは調べないと気が済まない」自分に戻っています。

 

性分です。

 

実際の使用例:ネイティブはこう使っている

では、「国内時事の一般知識」の実用例を示します。

(例文)

El Ministerio de Educación está encargado de la confección del examen, que seguirá las prácticas internacionales y comprobará, entre otros aspectos, que el interesado habla con claridad el idioma español y lo entiende sin dificultad; conoce las regulaciones constitucionales sobre la organización política, administrativa y social del país; los símbolos nacionales; los derechos y deberes ciudadanos; los periodos históricos y sus principales líderes; las características geográficas del país y los conocimientos generales actuales del acontecer nacional.

 

Fuente: Granma (Cuba), 8 de enero, 2018 

 

そのまま訳すと分かりづらい上に読みづらくて仕方ないので、下記のように整理して訳しました。

 

(拙訳)

キューバ教育省がキューバ国籍取得のための試験の作成を担当する。

この試験の内容は国際基準に沿うものとする。

この試験では、国籍取得申請者が以下の条件を備えているかを主に審査する。

 

・スペイン語の運用能力(スペイン語をクリアに話せるか、難なく理解できるか)

・キューバの政治、行政、社会構造に関する憲法上の規定

・国家のシンボル

・国民の権利と義務

・キューバの歴史と各時代の主な人物

・キューバの地理

・キューバ国内の時事に関する一般な知識

 

出所:2018年1月8日付、Granma(キューバ)

 

背景補足

この記事は、キューバ国外で生まれた子どもがキューバ国籍取得を希望する際の条件緩和に関するものです。

 

以前は、キューバ国外でキューバ人の両親のもとに生まれた子どもがキューバ国籍を取得する場合、国籍取得手続きのために、申請者本人が一定期間キューバ国内に滞在する(avecindamiento)必要がありました。

 

しかし2018年1月から、キューバ国内に代理人がいる場合、申請者は国外の領事館で国籍取得手続きができるようになりました。

 

その国籍取得のためのキューバでの一時滞在要件を撤廃することをスペイン語では、“se elimina el requisito de avecindamiento” と表現しています。

 

私は、「条件緩和」という日本語にしましたが、スペイン語では次のように表現しています。

(例文1.)

・Un grupo de medidas que dan continuidad a la actualización de la política migratoria y el fortalecimiento de las relaciones de Cuba con su emigración.

(例文2.)

・La serie de medidas migratorias… demuestran la voluntad cubana de continuar actualizando su política migratoria y adaptarla al contexto y condiciones actuales.

出所:2018年1月8日付、Granma(キューバ)

 

単語のチョイス

“actualización” を通常の「アップデート」と訳すと日本語としては違和感があります。

なので、実際にキューバ政府がやろうとしている事に基づいて、「条件緩和」としました。

 

私がキューバ政府の人間なら、“actualización” ではなく、“flexibilización” という単語を選択した思います。

余計なお世話ですが。

 

ちなみにNAFTA(スペイン語ではTLCAN)の再交渉では文字どおり “renegociación” とも言われていますが、

 

modernización del TLCAN”

 

という表現がかなり多いです。

 

NAFTAに関する経緯を知らないと、“modernización” から「再交渉」という日本語は出てこないですね。

 

物事のどの部分を切り取って表現するか

ただ、これも「物事のどこに目をつけて表現するか」次第という側面もあります。

例えば、キューバ政府の取組みは次のように表現できると思います。

 

・Flexibilizar el trámite (los requisitos) para actualizar la política migratoria

・Actualizar la política migratoria flexibilizando el trámite (los requisitos)

 

そして、私は、手続きや要件の緩和という部分を切り取って「緩和」と表現しました。

一方、キューバ政府は、最終的にたどり着きたいのは移民政策のアップデートだという部分に重きを置いた表現をしています。

 

NAFTAの場合は、次のように説明できると思います。

 

・Renegociar el contenido (las condiciones) para modernizar el Tratado

・Modernizar el Tratado renegociando el contenido (las condiciones)

 

“renegociación” の場合は、通商協定の内容を再検討する点に光を当てて「再交渉」と表現しました。

日本のメディアの取り上げ方は「再交渉」ばかりです。

 

“modernización” の場合は、通商協定の内容を再検討した結果、たどり着きたい場所(協定の現代化)に重きを置いた表現をしています。

 

「緩和する」も「再交渉する」も、その先にある最終的な目標達成のための過程です。

「アップデート」や「現代化」が、その過程を経た後にたどり着ける最終的な目標(場所)に該当します。

 

言わんとするところを言語化するのも、文字だけで説明するのも難しいですね。

要するに、「物事のどこに焦点を当てて言語化するか」で言葉のチョイスは変わるということを言いたかっただけです。

メマイがしてきたので、この辺でこのくだりは切り上げます。

 

キューバの書き言葉は私の教科書

よく、「何言ってるか聞き取りづらい」と言われるキューバのスペイン語。

この意見には私も同意です。

 

キューバ人同士の会話は、マジで聞き取るのが難しい。

特に、笑いながら話しはじめるともうついていけません。

 

誰もが理解しやすいスペイン語を身に着けたい方は、別の国のスペイン語を採りいれた方がいいかもしれませんね。

(キューバ人ウケの良さをめざす方は、キューバ人のマネをすべきです!)

 

ただ、それはあくまで話し言葉の話です。

 

キューバの書き言葉はすごく参考になります。

感覚を言語化するのがすごく難しいのですが、格調高い響きを醸し出す書き方なんです。

 

私なりの特徴を挙げると、

 

・文章に無駄がない。

・必要最低限の言葉で言わんとするところを淡々と伝えているだけ。

・なのに、M国のように冗漫なわけでも、A国のように短く適切な単語(でも使用頻度が低い単語)を冷淡に当てる訳でもない。

・でありながら、読者の気持ちを高揚させる

 

あくまで私個人の独断と偏見によるものです。

時間はかかるかもしれませんが、ご自身でそれぞれの差を体感されてください。

 

“acontecer” “acontecimiento” の違い

Acontecimiento= 一つ一つの出来事

Acontecer= 一つ一つの出来事の連続(集合体/まとまり)

 

違いを説明した図解

f:id:study-spanish:20180325115830j:plain

出所:RAE、2018年3月24日参照

 

この違いは、この記事を書くためのリサーチで気づきました。

用例を探す際に最初、”aconteceres” と複数形で検索をかけました。

でも、さほど実用例が見当たらなかったんです。

 

”acontecimiento” の方は、実用例がたくさんあったので、RAEで調べてみると上の図解のような違いがあることがわかりました。

 

恥ずかしながら今まで、”acontecer” を “acontecimiento” の同義語だと思っていました。

意味は同じだけど、“acontecer” の方が ”acontecimiento” より文語っぽい響きがするのが違いだろうと誤認してました。

思い込みは罪です。全く。

 

今日もまた新しいことを学びました。

残念ながら、このメディア以外では陽の目を見ることのない知識でしょう。笑

 

それ以外の「時事」言い換え方

日本語で言う「時事」は、次のような意味で使われていると思います。

 

・ここ最近で話題になっているテーマ

・ここ最近に起こった出来事

・ここ最近のニュース

 

「話題になっているテーマ」の意味の場合

この意味では、”temas de actualidad” という言い方がありました。

英語で言う ”current topics” に該当する表現です。

(用例)

・Todos los temas de actualidad en ABC

出所:ABC(スペイン)ウェブサイト

 

その他にも近い表現として、次の表現があります。

(用例)

・Los 10 temas más debatidos en Facebook en 2015

出所:2015年12月10日付、BBC Mundo(イギリス)

 

「最近起こった出来事」の意味の場合

この意味では以下の表現が見つかりました。

(用例)

Los acontecimientos internacionales de 2017

出所:2017年12月6日付、Expansión(メキシコ)

 

(用例)

Los hechos internacionales más importantes del 2017

出所:2017年12月17日付、El tiempo(コロンビア)

 

「最新のニュース」の意味の場合

この意味での用例は以下のものが見つかりました。

(用例)

Las últimas noticias del acontecer mundial en español

出所:TVN(パナマ)、ウェブサイト

 

(用例)

Las últimas noticias en el acontecer nacional e internacional

出所:2015年8月10日付、TV Perú Noticias(ペルー)

 

まとめ

この記事があなたの参考になれば幸いです。

 

もっとスペイン語が上手になりたい。

 

キューバに住み込みでダンス修行したい!

 

以上、スペイン語と日本語の現役プロ通訳、タクミでした。