Study Spanish!

スペイン語が上手になりたい人のためのオンラインメディア

「断固として拒否する」「より一層努力する」をスペイン語で何という?

f:id:study-spanish:20180711130557j:plain

 

おはようございます!

スペイン語と日本語の現役プロ通訳、タクミです。

 

スペイン語が上手になりたい人のためのメディア、Study Spanish

今日はコロンビアの時事ネタから、スペイン語を紹介します。

 

今日のスペイン語

この投稿では、つぎの2つの表現を紹介します。

 

(1)「断固として拒否する」

“reiterar mi absoluto y categórico rechazo a...”

 

(2)「より一層努力する」

“multiplicar nuestros esfuerzos”

 

(1)は、知識までに知っているといい。

(2)は、ビジネスの場面で使えます。

 

ネイティブはこう表現する

今日の例文は、CNN のスペイン語版からの抜粋です。

コロンビアの治安悪化という、重いテーマの時事文ですが、

 

・スペイン語を学ぶ

・各国の事情を知る

 

このサイトを読んでくれる人に、この2つを同時に達成してもらえたら。

そんな気持ちで取り上げました。

 

 

(例文1)

"Reitero mi absoluto y categórico rechazo a los asesinatos y ataques de los que han sido víctimas, y le ratifico al país que no descansaremos hasta dar con los responsables de estos actos infames”, dijo el presidente Santos ante periodistas este lunes en Bogotá.

Fuente: CNN Español, 10 de julio de 2018

 

(内容)

「社会のリーダーに対する殺害、攻撃を絶対的に、そして断固として拒否します。このような恥ずべき行為に及んだ犯人を罰するまで、手を緩めまないことを国民に対して約束します。」サントス大統領がボゴタでの記者会見で述べた。

出所:2018年7月10日付、CNN Español

 

ちょっと説明

注目して欲しいのはこの部分です。

→ “reitero mi absoluto y categórico rechazo a los asesinatos y ataques

 

この文章の中でも、“categórico” という単語がキモです。

「問答無用で」という意味です。

 

「問答無用」=「異論も議論も認めない」

= “que no admite obeción o discusión”(出所:RAE)

 

「問答無用」=「異論も議論も認めない」という解釈です。

その意味が、この “categórico” という単語には含まれてます。

 

おまけ1

気になるワードの使い方をまとめて紹介します。

ヒントは(内容)の日本語訳から想像してください。

 

・“ratificar”

・“no descansar”

・“dar con...”

 

(例文2)

“Todos debemos rechazar y condenar ese fenómeno criminal y multiplicar nuestros esfuerzos para protegerlos de forma eficaz” y dijo que “condenar la violencia en todas sus formas debe ser un propósito nacional”, añadió el saliente mandatario, que invitó a su sucesor Iván Duque a firmar este pacto, al que se unieron los presidentes de las altas cortes, el registrador nacional y los presidentes de varios partidos políticos.

Fuente: CNN Español, 10 de julio de 2018

 

(内容)

「全員がこのような犯罪を拒否し、非難しなければならない。そして、社会のリーダーを守るために、より一層努力しないといけない。いかなる暴力も非難する。それは、コロンビア全体で共有されたものでなくてはならない。」まもなく任期が終了するサントス大統領は述べた。また、ドゥケ次期大統領にこの国家レベルの合意に署名をするよう呼びかけた。

出所:2018年7月10日付、CNN Español

 

ちょっと説明

注目して欲しいのはこの部分です。

→ “multiplicar nuestros esfuerzos para protegerlos...”

 

この文章の中でも、“multiplicar” という単語のチョイスがキモです。

ふだんは「数倍がけにする」という意味です。

 

言いたいのは「もっと努力する」なんです、正味。

それを “multiplicar” というワードで置き換えられると、インテリっぽくなります。

 

もちろん、良い意味でです。

 

・フォーマルな場で話す

・普段は和気あいあいでも、この場面では「上司として指示を出す」

(多少、距離を置く)

 

こんな場面で使えます。

 

おまけ2

気になるワードの使い方などをまとめて紹介します。

ヒントは(内容)の日本語訳やスペイン語の文章の形から想像してください。

 

・“la violencia en todas sus formas

・“ser un propósito nacional”

・“el saliente mandatario”

・“invitó a su sucesor Iván Duque a firmar este pacto”

・“al que se unieron los presidentes”

 

このニュースの背景

コロンビアには、国軍、FARC、ELN、パラミリタリーという組織があります。

50年くらい前から、国内で争ってます。

 

2016年、FARCと政府の争いは終わりました。

「もう争いません」という約束をしたのです。

 

この流れに続き、ELNと政府の和平交渉も進んでいます。

ここ最近、停滞していますが。

 

ただ、パラミリタリーやパラミリタリーより武装が軽度な犯罪集団は、ふつうに活動してます。

で、パラミリタリーや犯罪集団の影響力が強い地域では、いろんな理由で殺人が続いているのです。

 

 

がっつり理解したい方は、大学の先生が書かれた文書を読んでください。

 

 

それに対して、コロンビア政府は有効に対応できてない。

その無策さを「共犯とも言える沈黙(“silencio cómplice”)」と批判されてます。

 

・アメリカ政府

・アムネスティ・インターナショナル

・国連

 

こういった機関が「シッカリしなさい!」と、コロンビア政府にビンタを見舞ったという経緯です。

 

サントス大統領はじめ、政府はコミットすると言ってますが...

サントス政権が残りあと1か月。

 

残念ながら、事態が快方に向かうとは思えません。

そして、新しい政権も慣れるまで時間がかかるでしょうし。

 

まとめ

この記事があなたの参考になればうれしいです。

 

もっとスペイン語が上手になりたい。

 

キューバに住み込みでダンス修行がしたい。

 

以上、スペイン語と日本語の現役プロ通訳、タクミでした。

 

巻末おまけ

・コロンビア政府機関の沈黙は許容できない

el silencio cómplice de las autoridades colombianas no puede continuar

注目:“cómplice” と “no puede continuar” の使い方が良いです。

 

・コミュニティのつながりが破壊されていく

= se va destruyendo el tejido social de comunidades

注目:“tejido social” は「(社会の)つながり」の意味でよく出て来ます。

 

・歴史的に国内の紛争のツケを払わされて来た

= históricamente han enfrentado las consecuencias del conflicto armado

注目:“enfrentar las consecuencias” を「ツケを払う」と訳せるかもしれない。

 

・パラミリタリーの再編により、より大きなリスクにさらされている

se encuentran en mayor riesgo por la reorganización de grupos paramilitares

 

・リサイクルされ、より力をつけて再興する

se reciclan y reemergen con fuerza

注目:ここの “reciclarse” は「同じ業界に残って、違う組織で生き延びる」というようなニュアンスでよく使われます。例えば、今までは A という政党にいた。でも、政党Aがなくなって無所属になった。でも、生き残りのために政党Bに移って政治活動を続けた。そういう文脈です。コロンビアのパラミリタリーでも同じことが起きているのでしょう。今までは、パラAにいた。でも、今はパラBで活動を続けている。

 

・コロンビアでの過去の苦しみが復活する

revivir el sufrimiento en el país

 

・社会リーダーへの暴力は、もう全体的なものになっている

= la violencia contra los líderes alcanza ya un carácter generalizado

 

・国のまずい対策を批判する

= criticar las medidas deficientes del Estado

 

・サントス大統領は国民レベルの合意のもとに団結するよう呼びかけた

=Santos convocó a todos los sectores para que se unan a un gran pacto nacional por la vida de los líderes sociales

 

コロンビアの成功を祈ってます。

タクミ